ピアニスト希です。

ピアノを長く続ける為にはまず教本が大事です。最初から好きな曲や弾きたい曲の楽譜を買ってきてもひけるわけないのでそれはそれで買ってもいいですけど、練習はしっかり教本でやりましょう。

自分に合ったレベルの教本が良いです。見栄を張って少し専門的な教本を買い、結果難しくてできないってなって挫折する人を私も何人も見てます。それは折角の意欲を無駄にしてしまうので、小学生が使うようなものからでいいのでまずは自分のレベルに合った教本を買うことをお勧めします。

できればDVDが付いたりしてるもので、鍵盤の弾く位置に番号が振られてるようなものの方がわかりやすいと思います。それから教本選びでもう一つ重要なのは教本に載ってる楽譜のレベルが自分に合ってるかどうかです。

練習曲、その教本で最後弾けるようになるレベルの楽譜が載ってると思いますけど、その曲が自分のレベルより難しい場合はそれはまだ合ってない教本と考えていいと思います。もう少し簡単なものから手を出しましょう。

それからうまい人の曲はよく聴くようにすると刺激になってモチベーションの維持にもなりますし、同じ曲を自分が弾いてみてどう違うのかを知ることもできるのでお勧めです。

そして、演奏フォームにこだわらない事。ちゃんとしたフォームで弾けてるか心配になって先に進まない人がいますけど、絶対っていうものはないのでそこまでこだわらず弾きやすいように弾きましょう。

ただし、指の動かし方とか、基礎的なものはしっかり身につけるべきですけどね。